プロフィール

くらげ野郎

Author:くらげ野郎
社会人になりました。
社会人としてやっていく自信はないですが、何とかやっていこうと思います。

好きな作家は山田風太郎です。

FC2カウンター

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

カテゴリー

ブログ内検索

FC2ブログランキング

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アイルランドの薔薇』

『アイルランドの薔薇』
石持 浅海 著
光文社
光文社文庫


 南アイルランド、スライゴーの宿屋で、武装勢力NCFの副議長が殺された。たまたまその宿に集まっていた人々は居合わせたNCFのメンバーと共に犯人を見つけるまでは宿から出ることを禁止された。
 日本人科学者フジは、探偵役として事件の真相に迫ってゆく。


一言感想:アイルランドに興味が出るはず。
面白さ:☆☆☆☆


 上で書いたあらすじはかなり端折りすぎですね。ミステリのあらすじを書くのは中々難しいですね。
 とてもとても簡単に言えば、アイルランド問題を背景としつつ起こった殺人事件を、日本人探偵が解明してゆく、といった感じです。

 『アイルランドの薔薇』って、まずタイトルが素敵ですよね。アイルランドというあまりなじみの無い舞台を選び、その土地の問題を背景におくのは中々難しいことだと思いますが、しっかりと描かれています。と思います。よく知らないので断言は出来ないんですが。

 アイルランドに興味がわいて、ちょっと得した気になる一冊です。

 謎に関して言えば、キャラの会話の中で次々と仮説をあげ、それを否定してみせるということが行われているので、多くの展開が体験できます。犯人を捜すだけではなく、人々が何を考えているのかなども楽しめます。
 個人的には帯にある「3度の衝撃」(うろ覚え)のうち、二つは確かに衝撃。一つは想像通りだったので少し残念ですね。
スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー - ジャンル : 本・雑誌

<< 『月の扉』 | ホーム | 『占星師アフサンの遠見鏡』 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


アイルランド 2007/09/15~09/21

アイルランドに関する最近の情報です。


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。